映画『みんなの学校」上映会&ワークショップ

舞台となっているのは大阪にある大空小学校。すぐに教室を飛び出してしまう子、つい友達に暴力をふるってしまう子もいる。それでも目指したのは「不登校ゼロ」。特別支援教育の対象となる子も、自分の気持ちをうまくコントロールできない子も、みんな同じ教室で学んでいます。ふつうの公立小学校ですが、子どもたちと先生だけでなく、保護者、そして地域の人もいっしょになって、誰もが通い続けることができる学校を作りあげています。

子どもたち同士の戦いや助け合い、そこから成長する姿を観ながらたくさん感じることがありますが、特に印象に残ったことが2つあります。

一つは、子どもたちは自分とは違う行動や感覚のクラスメイトをいっしょにいると、それが当たり前になって、自分が何をすればいいのか、自然とわかってくるということ。

もう一つは、自分ができることが相手にとっても当たり前じゃない、自分が正しいと思っていることも相手には違っていることがある、相手はどうなのか考えなきゃいけないということ。

子どもたちは先生の問いかけから考え、最後は自分で答えを出し、前へ進んでいきます。その過程で学校ではさまざまな出来事が起こりますが、先生が、地域人たちが温かく見守る、その姿に、自分は子どもたちに、地域に、何ができるだろうかと、自然と考えたくなります。

開催概要

日時:2022年2月11日(祝・金)
時間:【1回目】10:15〜12:45 【2回目】13:45〜16:15
   ※上映会終了後に感想を共有し合うワークショップを行います。
場所:西宮市市民交流センター(西宮北口駅徒歩5分)
料金:大人300円 学生・子ども無料
定員:各回50名(先着順)
申込:下記ページよりお申し込みください(1月10日より受付開始)
https://village-event-202202.peatix.com/